子育てストレスにさようなら

育児と子育てに関する看護師の悩み

看護学校を出て、看護師として病院や診療所などで活躍している女性は多いでしょう。
働く女性の共通の悩みではありますが、結婚をして子育てをしながら仕事を続けていくのはとても大変です。
待機児童の問題などがニュースになっているように、保育園選びも大変です。
特に看護師の仕事は日勤だけではなく夜勤もあり、不規則になっているため、仕事をしている間に子供を預かってもらえる保育園や、両親や夫など家族の助けが必要となってきます。
子育て中には、子供が病気になったり、自分の体調が悪くなったりすることも考えられるので、どのように乗り越えるかということも考えておかなければならないでしょう。
子育てと両立しながら看護師の仕事を続けていくためには、勤務時間や勤務場所などをきちんと確認して、支障が少ないような働き方を選んでいくことが必要です。
献血や集団検診など、資格を活かして短時間で働くことができる場合もあるので、インターネットの求人情報を上手く利用して探してみるといいでしょう。

子育て中は節約が絶対かかせない

子育てしていると突然の出費がかかる場合かあります。
赤ちゃんの時には急な発熱で入院する事があります。
働いている場合には保育園に入園する必要がありますが、保育園などに入園すると前年度所得にもよりますが、月に3万円程度の費用がかかってきます。
私立の小学校や中学校に入学した場合にも保育園と同じくらいのお金が毎月かかってくる場合もあります。
進学を望む場合には学習塾の費用もかかってくる場合もあります。
そのため子育てしている間は意識をして節約をしてしっかりとお金を貯める必要があります。
効率よくお金を貯める方法の中に学資保険と言う方法があります。
こちらの保険を利用すると事前に設定している額までお金を貯める事ができます。
金利手数料も付くので通常の銀行の定期預金に預けるよりも良い場合がほとんどです。
また学資保険をかけていて子供が入院するなど多額のお金が必要となる場合には、貯めているお金を引き出す事も可能です。

recommend

福岡で相続相談・手続き
http://akasakamaizuru.zaisan-fukuoka.com/

2016/12/27 更新

Copyright c 2006 子育てストレスにさようなら