子育てストレスにさようなら

子育てのストレスは早めに発散しよう

出産の感動を味わった後に待ち受けているのは育児です。
赤ちゃんは確かに可愛いですが、可愛いだけではなくその子育てが非常に大変なのです。
お腹の中にいた赤ちゃんにとって外の世界は広くて寒くて怖い世界です。
そのため少しでも安心感を得るためにお乳を求めたり抱っこを求めて必死に泣きます。
その赤ちゃんから発せられる唯一のサインが子育てをする上ではストレスにもなるのです。
赤ちゃんの世話をしていると寝る時間も自分に割く時間もありません。
常に目を離すことができない育児の大変さにストレスがたまりお母さんの方がまいってしまうことも少なくはありません。
そうならないためにもストレスを感じたら早めに対処することが大切です。
例えばお父さんに育児の一部を手伝ってもらったり、自分の両親に面倒を見てもらって少しお休みをさせてもらうなどがあります。
育児のストレスとうまく付き合っていかなければノイローゼになってしまい育児放棄をしてしまう恐れがあるため、心にゆとりがもてるように早めに対処しましょう。

子育てのストレスを溜めないために

我が子はかわいいし、目の前で日々成長していく姿はとてもうれしい反面、自分の計画通りに物事がすすまなかったり、家事がおろそかになったりと、なにかとストレスも溜まるものです。
とにかく子育ては24時間365日休みはありません。
子育てをしたことがある人なら必ず一度は思うのではないのでしょうか、自分の時間が欲しい、と。
このストレスを溜めないようにしないと、イライラしてつい子供に八つ当たりしたり、優しく相手をしてあげられなかったり、また家族であるご主人にもついつい厭味なことを言ってみたりと家庭がギスギスしてしまったり、安らげない場所になってしまいますよね。
ストレスを溜めないためにも一日のうち30分だけでも家族に協力してもらい自分の時間を持ち、本を読んだり、自分のペースで散歩をしたり、ゆっくり好きなスイーツとコーヒーでブレイクタイムをとったりして少しだけ子育てから離れる時間を持つことが子育てのストレスを溜めないコツです。

おすすめWEBサイト 14選

お葬式 大阪

2017/9/6 更新

Copyright c 2006 子育てストレスにさようなら